« 第1006話【違い過ぎます】/田代島便り(猫マンガ) | トップページ | 第1008話【今度の探し物は?・・・】/田代島便り(猫マンガ) »

2015年12月 7日 (月)

第1007話【冬用保存食の行方】/田代島便り(猫マンガ)

120701_2

 

120702_2

 

120703_2

 

120704_2

 

120705_2

最近の閣下、

荒れてるな(笑!

ツイッターやってます!→「ねこ太郎(田代島便り)

ぜひフォローしてみてください。

 

↓ポチっとよろしくお願い致します☆ランキング参加中☆↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

 

|

« 第1006話【違い過ぎます】/田代島便り(猫マンガ) | トップページ | 第1008話【今度の探し物は?・・・】/田代島便り(猫マンガ) »

コメント

あのヤモリンさんがまさか天日干しですと
ネコさんを飼って気がついたことです。ゴキがいなくなったのですよ。
可愛いピンクの舌で、毎朝ペロって舐めてくれるんですけど、まさか…

投稿: ぴよ | 2015年12月 7日 (月) 13時48分

吐きました〜!ついにノロの呪いに???
いえいえ単なる食べ過ぎで胃腸を壊しました。もう、フラフラ意識混濁...。

ねこたろはんの冬用食糧、漢方薬か?と思う程健康的、そりゃあ、盗られるわ。

ぴよさん、我が家も何年もゴキさんを見ません、ネコさまは、ありがたいですねえ。

投稿: きのこ | 2015年12月 7日 (月) 15時32分

さすが、ねこたろ閣下ですね。厳しい越冬生活を過ごす島ネコ達のための食料を備蓄していたとは・・・恐れいります。
っっと思ったのですが、まさか、まさか、一切れを一万円とかで販売するとかはありませんよねえ?
一応、確認しておきますね・・・

投稿: ポチっと一押し | 2015年12月 7日 (月) 21時06分

ヤモリの干物は我が家でもちょいちょい目撃しますが、ねこ太郎閣下お手製のネズの干物はきっと強烈な外観ではないかと***( ̄◇ ̄;)


ぬ~~~む★閣下はカリカリより〔超・自然食派〕なのでしょうね*☆*

投稿: 化け猫男 | 2015年12月 7日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1007話【冬用保存食の行方】/田代島便り(猫マンガ):

« 第1006話【違い過ぎます】/田代島便り(猫マンガ) | トップページ | 第1008話【今度の探し物は?・・・】/田代島便り(猫マンガ) »