« 第59話 猫なんだから、それでイイのダ! | トップページ | 第61話 田代島の秋・ねこ太郎の場合 »

2010年9月21日 (火)

第60話 田代島・猫たちの秋

Aki01_2

Aki02_2

Aki03_2

Aki04

Aki05

Aki06

Aki07

Aki08

Aki09

Aki10

Aki11

Aki12

Aki13

Aki14

Aki15

Aki16

Aki17

Aki18

Aki19

Aki20

Aki21

Aki22

Aki23_2

Aki24

Aki25

Aki26

Aki27

Aki28

Aki29

やっと秋めいてきましたね!
芸術の秋、
食欲の秋、
いい季節デス!


人気ブログランキングへ

Aki30

|

« 第59話 猫なんだから、それでイイのダ! | トップページ | 第61話 田代島の秋・ねこ太郎の場合 »

100〜51話」カテゴリの記事

コメント

もはや職人芸ですね。

投稿: URA EVO | 2010年9月21日 (火) 08時40分

URA師匠のお陰です。感謝です。

投稿: ねこ太郎 | 2010年9月22日 (水) 18時28分

さかのぼって読みまくってますが、もう電車で笑いを堪えるのが、た・大変sweat02
素晴らしい!です(笑)
ねこ太郎さんとねこ太郎君にはまりまくりですわ〜smile

投稿: fukushio | 2010年11月23日 (火) 22時13分

ありがとうございます!
ハマっちゃってください!ハマっちゃってください(笑)!

投稿: ねこ太郎 | 2010年11月24日 (水) 18時38分

りゃあ~

ここだけコメ無しともいかない。
おもしろくないわけではない、笑い憑かれたのだ。

どうしよう、投票・・・
ここはひとつ、ネコになるか。

投稿: じぇね | 2012年7月14日 (土) 12時51分

ねこ太郎さん もう「ども、ねこ太郎です」って聞けないのは とてもさみしいです(;ω;)。
本当にあるがままに生きている姿が 大好きでしたcat
人ねこ太郎さんも とてもさみしいとは思いますが 私たちの心の中にいつまでもねこ太郎さんは生き続けますので ぜひ虹の橋を渡ったねこ太郎さんの事も ブログに綴って下さい。
ねこ太郎さん 苦しまないであちらに行けたのなら それはそれで野良人生ならぬ 野良ネコ生を十分楽しんであちらに行けたんだと思います。
もう撫でてあげることは出来ないけれど ねこ太郎さんはエアーねこ太郎さんになって どこにでも神出鬼没ですから いつでも来たい時に猫神社に戻ってこれると思います。
けんいちさんもさみしくなりますね。

どうか どうか このままブログ続けて下さい。

田代島から 2009年10月に保護してきた猫エイズキャリアのロシアン[岩合光明さんの ハートのしっぽの表紙のロシアン]と 漁師さんに託されたモアモアの子[田中良明さんの 田代島猫景色のハチの子供のモアモアノルウェージャン]も うちで8歳と6歳になりました。

こんなに可愛い猫達がたくさんの島なのですから ぜひこれからもブログを発信して行って下さい。
東北復興の為にも どうぞよろしくお願い致します。

アニマルコミュニケーションをしても 良いにゃん生だったとねこ太郎さんは言ってますもの。

人ねこ太郎さん 早く元気になります様に。。。
猫達は 淡々と自分のにゃん生を受け入れているのだから・・・

いつかうちにも遊びに来て下さい。
宮城県ではないけれど 夏には海岸が目の前の家に移ります。
6匹の猫も 待ってます。

投稿: | 2016年3月10日 (木) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1336139/36799859

この記事へのトラックバック一覧です: 第60話 田代島・猫たちの秋:

« 第59話 猫なんだから、それでイイのダ! | トップページ | 第61話 田代島の秋・ねこ太郎の場合 »